忍者ブログ

★回天の魁士 清河八郎ホームページトップ ★ブログトップ ★清河八郎記念館 ★清河八郎年譜 ★清河八郎関係人物録
★清河八郎人物図鑑 ★回天の魁士 八郎物語 ★関連リンク集

06.19.21:13

本日から特別企画展が始まります

emoji清河八郎生誕190年・クラウドファンディング事業による「西遊草」復刻記念パネル展を開催します。

emoji期日:6月20日(土)~11月29日(日)

emoji「西遊草」は、安政2(1855)年3月19日から同年9月10日までの約半年間、八郎(26歳)が母(41歳)を伴い、新潟から善光寺に出、名古屋、京都、天橋立を経て、伊勢神宮、大阪、琴平を廻り、錦帯橋の岩国まで旅した近世紀行文の逸品です。
 
 この間、八郎は一日も筆を休まず、毎日その日に見た事聞いた事、あるいは歴史的建造物にまつわる人物評を八郎なりの観点から書き記しています。

 今回は、立ち寄り先をA1サイズパネルにして17枚展示していますし、母や妹が後日読んで楽しめるようにと、仮名を多用した文章になっている山形県指定文化財の原文(全11巻8冊)も、復刻版「西遊草」の文章と対比できる様に展示しております。

 
▼山鹿県指定文化財「西遊草」全11巻8冊



▼行程図



▼ 特別企画展「西遊草」ポスター

























 










▼記念館正面

 
 
▼チラシ表、裏表紙



▼チラシ

  

▼クラウドファンディングで復刻なった「西遊草」



 emoji新型コロナウイルス感染拡大防止のため、記念館入り口に準備してあります消毒液で手指の殺菌にご協力をお願いします。
 
 
 
 
 
  

拍手[0回]

PR

05.19.07:56

入館を再開しています。

emoji新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月8日(水)から臨時休館していましたが、5月8日(金)に開催された、山形県危機対策本部会議において、10日には営業自粛解除方針が示されたことから、5月12日(火)に安全対策を行ったうえで入館を再開しております。
  但し、開館時間は通常午前10時から午後5時まででしたが、当面は午後4時までに短縮します。皆様のご来場をお待ちしております。

 なお今年は清河八郎生誕190年の記念すべき年であり、また今年3月末まで行っていた西遊草復刻版刊行クラウドファンディング事業の成功を感謝しての特別企画展として、「『西遊草』・奉母行、伊勢参りの旅日記(仮称)」と題して6月上旬からパネル展を予定しております。

▼再開を知らせる山形新聞 

 

  emoji復刻版「西遊草」販売しております。お問い合わせは清河八郎記念館【☎(FAX 兼用)0234-57-2104】までお願いします。定価:本体1200円+税(送料別)

▼山形新聞(5月19日16面)
 




 

拍手[2回]

04.08.18:11

当分の間臨時休舘とします

日頃、清河八郎記念館の円滑な事業運営に当たりましては、ご指導・ご協力を賜り改めて深謝申し上げます。

 さて、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、安倍首相は昨日、7都府県を対象とした緊急事態宣言を発出されたほか、県内においては先月31日から1週間続けての感染者が確認されるなど、相次ぐ感染に吉村県知事は記者会見で不要不急の外出を控えるよう呼びかけているところであります。

 このような事態に鑑み、当館において感染拡大の防止を図るため、本日から当分の間、記念館を臨時休館することといたしましたのでお知らせいたします。

 尚、記念館の再開にあたりましては、事態が好転した段階において改めて協議し、決定しだい皆様にお知らせいたしますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

       ▼臨時休舘を伝える山形新聞(4月10日(金))


 
 
        ▼桜と記念館(撮影:2010/05/01)

拍手[1回]

03.27.08:52

ご寄付に感謝です

■昨日(3月26日)、安藤組(本社:庄内町余目、安藤政則社長)様から多額のご寄付を頂きました。安藤組様は清河八郎顕彰会特別会員でもあり、日頃から清河八郎への憧憬の念も深く、この度の英断に心から感謝申し上げます。
 クラウドファンディング事業が大成功に終えたばかりで、財政厳しい当館にとっては何よりの贈り物です。施設発展のため有効に活用させて頂きます。
 
▼3月27日(金)山形新聞11面 
 

拍手[1回]

07.13.22:30

企画展 若き清河八郎父への手紙でつづった江戸日記「清河塾開塾と商い」開催中!


emoji安政2(1855)年、数え年26歳になった八郎はお蓮と夫婦になり、仙台での暮らしを経て江戸へ戻り、2度目の「清河塾」を開きますが再び火災で焼失しています。この頃国内は、コレラの大流行や米国総領事ハリスの来日、さらには勅許無しの日米通商条約締結など、世情が大きく揺れ動いた時代でした。八郎は3度目の塾を開く決意をし、資金繰りのため幼くして培った目利きを生かして美術品等の売買を行っています。その動きが故郷清川の父宛に送った手紙から読み解くことができます。是非八郎直筆の手紙を間近に見て頂きたいと思います。










拍手[3回]