忍者ブログ

★回天の魁士 清河八郎ホームページトップ ★ブログトップ ★清河八郎記念館 ★清河八郎年譜 ★清河八郎関係人物録
★清河八郎人物図鑑 ★回天の魁士 八郎物語 ★関連リンク集

05.24.13:59

「清河八郎関係書簡集 五」を山形新聞で紹介頂きました。

emoji5月20日の山形新聞で「庄内町史料第五号 清河八郎関係書簡集五」を紹介して頂きました。
 早速、山形市在住の複数の方から問い合わせがあったとのことです。新聞の力に感謝です。


拍手[0回]

PR

05.21.14:09

「清河八郎関係書簡集 五」が発刊されました

emoji庄内町教育委員会編集による、庄内町史資料第五号「清河八郎関係書簡集 五」がこの程発刊されました。平成24年度から取り組んできた清河八郎の書簡を纏めた町史資料の編集も、5年目で第五号の発刊となります。
 本号は安政4(1857)年4月29日付、八郎28歳、父宛書簡から同6年秋までの2年4カ月までの45通を載せています。



emojiその一部を紹介します。
 安政4(1857)年10月江戸・八郎より父宛

 【大意】
 アメリカ船は昨年7月伊豆下田に来航、将軍家に謁見、国王の書状を差し出す爲、江戸城への登城を願い出て許された。
 諸大名、国主方には不同意の人も多く、特に水戸老公等不同意だが結局幕府の執政に一任となった。
 一行は江戸表に着き、外交官ハリス等は21日江戸城に登城し国王の書状を差し出した。江戸城では厚くもてなし、食事の献立は33品と聞いた。国王の書状の内容は不明だが無事終わる。
 我が国の国情から見て、各国使節との交渉等の対応について、幕府においては混乱が生じ、苦慮することが予想される。また、外国との生活習慣の相違等も知らせ、やがて外国との戦争が生じ、国内騒乱となることを憂うる書簡である。



emoji最初に【大意】を記載し、三段構成にしています。一段目が原本写真、二段目が原文翻刻、三段目に読み下し分を載せています。
emoji一冊1,000円(税込み)
emojiお問い合わせ、ご購入は「清河八郎記念館」又は庄内町教育委員会 社会教育課・文化スポーツ推進係(emoji0234-56-3312)までお願いします。

拍手[0回]

04.03.11:02

山形新聞「ふるさとの文化財」に掲載して頂きました。

マル 本日(2017/04/03)の山形新聞5面「ふるさとの文化財」で清河八郎記念館所蔵の資料が紹介されておりました。肖像画掛け軸は実物を見て頂くとその精緻さを実感して頂けると思います。
 皆さん記念館に足をお運びください。


下矢印 桜が咲く頃の記念館と八郎を祀る「清河神社」です。






拍手[1回]

03.24.13:22

山形県知事からご紹介頂きました

 山形県の広報誌「県民のあゆみ」3月号の「にっこり知事室」で清河八郎について取り上げてもらいました。『理想を真摯に追い求め、幕末の動乱へと全国の志士を動かす火付け役となった清河八郎の偉業を考える時、私は、この様な人物が確かに山形に存在したのだということを、県民の皆様に是非知っていただきたいと思うのです。・・・以下省略。』このようにご紹介いただきました。吉村知事に感謝です。
emoji画像をクリックすると拡大します。

拍手[0回]

12.15.10:39

「亀ノ尾の里資料館」特別展示のお知らせ!

 庄内町「亀ノ尾の里資料館」では、12月17日(土)から2月12日(日)まで、企画展「書簡から見た清河八郎」を開催いたします。

この度の企画展は、庄内町史資料「清河八郎関係書簡」第四号に掲載されている安政2年3月から約半年、母と西国の旅をした旅先から父宛に出した書簡とその旅中記「西遊草」(山形県指定文化財)のほか、家族にあてた手紙で清河八郎の心中や行動を知る事ができる貴重な資料を展示します。
この機会にぜひ、ご来館下さい。

emoji亀ノ尾の里資料館
 emoji住所:庄内町南野字十八軒21-1 
 emoji電話:0234-44-2162

emojiギャラリートークのお知らせ
 清河八郎関係資料調査員で、庄内町文化財保護審議会会長である柳川泰善氏によるギャラリートークを次の要領で開催します。清河八郎に関する貴重なお話が聞けると思いますので、ぜひお越し下さい。
 emoji期 日:12月20日(火)
 emoji時 間:午後1時30分開会
 emoji会 場:「亀ノ尾の里資料館」
 emoji入場料:無料です

 
 












拍手[1回]

   NEXT >>>